医学・看護教育シミュレータなどの医学教材メーカーの京都科学様よりご委託を受け、「喀痰吸引3DAR」アプリをiOS版とAndroid版、同時開発しました。

このアプリは京都化学様が製造・販売される「吸引シミュレーター“Qちゃん”」に、アプリ内のARカメラをかざすと、実物の吸引シミュレーターに重ね合わせて3D仮想モデルがAR(拡張現実)表示されます。
吸引シミュレーターのモデル断面にあわせて、気菅チューブの断面や痰の流れる様子が3Dアニメーションで見ることができます。
一時的吸引法口腔、鼻腔内吸引/気管切開部からの吸引の実習に最適なアプリです。

今後も京都科学様と「喀痰吸引3DAR」アプリをより良いものにするため、研究を重ると共に、新しい技術を提供できるよう努めてまいります。

「喀痰吸引3DAR」アプリ 解説説明動画も作成しております。

当プロジェクトにおいて、当社は、UI企画・デザイン制作からプログラム開発まで、すべての開発フェーズを担当させていただきました。
なお、京都科学様と当社が推進する当プロジェクトは、経済産業省 近畿経済産業局より「新連携事業事業計画」の認定を受けております。(認定日2018年2月9日)