京都の出版社の一友社様よりご委託をいただき、iPhone電子書籍アプリ『マンガ文学 桜の森の満開の下』を開発しました。

このアプリは、名作文学作品を漫画化した「一友社名作劇場シリーズ」の中から、坂口安吾の名著「桜の森の満開の下」を電子書籍化したものです。

また、今後、「一友社名作劇場シリーズ」より3作品をiPhone電子書籍でリリース!
iPad電子書籍HD版も続けてリリースしましたので、よろしくお願いします。

マンガ「桜の森の満開の下」

●iPhone版
カテゴリー: ブック
リリース日:2010年09月09日
バージョン:1.0
サイズ:15.8 MB
350円→230円

無頼派の作家、坂口安吾の名著『桜の森の満開の下』を、気鋭の漫画家 厘のミキがコミック化

桜が満開の頃、盗賊の男は絶世の美女を略奪するが、女は男に昔の女房6人を次々と殺させる。
美しい女の言葉に逆らえず、男は都へ出て首を狩るようになる。
男に持ち帰らせた首おもちゃにして、女は首遊びにひたり、ますます美しくなっていく。
男と女の行き着く先はどこなのか。

【著者紹介】
  坂口安吾(1906~1955):
  主な作品に『堕落論』『白痴』『夜長姫と耳男』など。彼の作品は敗戦後の暗い世相に衝撃を与え、無頼派と呼ばれた。
  厘のミキ:
  主な作品に『ピカピカ家畜』『落下傘ナース』など。