イマジカデジタルスケープと資本業務提携

株式会社ステークホルダーコム(大阪市中央区、代表取締役社長:増井 慶太)は、株式会社イマジカデジタルスケープ(代表取締役社長:篠原 淳、本社:東京都渋谷区)と、本日より資本業務提携を開始いたしました。
当資本業務提携の目的等については、以下の株式会社イマジカデジタルスケープによるプレスリリースをご高覧願います。
※当件に関する弊社側のお問い合わせ先
 株式会社ステークホルダーコム 代表取締役 増井慶太 TEL 06-6226-8510


夏季休暇のお知らせ


平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社では下記日程を夏季休暇とさせて頂きます。

2019年8月13日(火)〜2019年8月15日(木)
期間中お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。
尚、期間中のお問い合わせにつきましては、2019年8月16日(金)以降にご対応させて頂きます。
今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

新興出版社啓林館様他と当社による異分野連携事業


経済産業省より「新連携事業計画」の認定を受けました。

新興出版社啓林館様、青山英語学院様、ソフトウエア・サイエンス様と当社による異分野連携事業が、この度 経済産業省 近畿経済産業局より「異分野連携新事業分野開拓計画(新連携事業計画※)」の認定を受けました。

新連携事業計画について

「新連携事業計画」は、「中小企業等経営強化法」に基づく経済振興制度の一つです。
事業分野を異にする複数の中小企業が有機的に連携し、その経営資源を組み合わせて、新事業活動を行うことにより、新市場創出、製品・サービスの高付加価値化を目指すものです。計画の認定を受けた中小企業には、新しいサービスモデルの開発等に対する補助、政府系金融機関による低利融資や専門家のアドバイス等、総合的な支援が用意されています。

新連携事業計画の概要

コア企業 株式会社新興出版社啓林館
連携企業 株式会社ステークホルダーコム
連携企業 株式会社青山英語学院
連携企業 株式会社ソフトウエア・サイエンス
事業名称 全国初の、教科書を基に基礎学力・思考力を養う、AIによる探求学習支援サービス
事業概要  学校教育での学力は二極化している現状があり、上位層へは「思考力」の指導が求められ、下位層へは「基礎学力」の指導が求められており、学校教員が抱える課題は深刻である。
 本事業は、「基礎学力」が求められる生徒に対して提供する「基礎学習システム」、「思考力」が求められる生徒に対して提供する「探究学習システム」という2つの教科書に基づく新しいサービスを開発・提供することで、生徒のつまずきを解消し、探究的な学習ができるようにして先生、保護者の課題を解決させるもの。
 2023年の市場規模として、基礎学習システムで3.4億円、探究学習システムで1.2億円、サービス提供から売り上げ10億円を目標にする。

近畿経済産業局WEBサイト掲載ページはこちら
近畿経済産業局認定事業計画一覧はこちら
近畿経済産業局認定事業計画概要はこちら

経済産業省より「情報処理支援機関」の認定を受けました


経済産業省より、情報処理支援機関「(愛称)スマートSMEサポーター」の認定を受けました。
同認定制度は、中小企業者等の生産性を高めるためのITツールを提供するITベンダーを、国が「情報処理支援機関」として認定するものです。
また、中小企業者等が使いやすいITツールの開発を促すとともに、中小企業者等にとってITベンダーやITツールを選定するために必要な情報を取得できるための支援体制を整備するものです。
当社は、認定情報処理支援機関となったことで、より一層のお客様企業へのIT化のご支援に努めていく所存です。

〔情報処理支援機関「スマートSMEサポーター」の認定情報〕

◎認定事業者 (株)ステークホルダーコム
◎認定番号 第4号‐19040038(認定日2019年4月17日)
経済産業省・中小企業庁公表の認定一覧はこちら

年末年始休暇のお知らせ

平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社では下記日程を年末年始休暇とさせて頂きます。

2018年12月29日(土)〜2019年1月3日(木)

期間中お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。
尚、期間中のお問い合わせにつきましては、2019年1月4日(金)以降にご対応させて頂きます。
今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

夏季休暇のお知らせ

平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社では下記日程を夏季休暇とさせて頂きます。

2018年8月13日(月)〜2018年8月15日(水)

期間中お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。
尚、期間中のお問い合わせにつきましては、2018年8月16日(木)以降にご対応させて頂きます。
今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

WEBサイトリニューアルのお知らせ


弊社ホームページをリニューアルしました。

京都科学様と当社による異分野連携事業


経済産業省より「新連携事業計画」の認定を受けました。
創業120余年の医学教材や文化財修復を手がける京都科学様と当社による異分野連携事業が、この度 経済産業省 近畿経済産業局より「異分野連携新事業分野開拓計画(新連携事業計画※)」の認定を受けました。

新連携事業計画について

「新連携事業計画」は、「中小企業等経営強化法」に基づく経済振興制度の一つです。
事業分野を異にする複数の中小企業が有機的に連携し、その経営資源を組み合わせて、新事業活動を行うことにより、新市場創出、製品・サービスの高付加価値化を目指すものです。計画の認定を受けた中小企業には、新しいサービスモデルの開発等に対する補助、政府系金融機関による低利融資や専門家のアドバイス等、総合的な支援が用意されています。

京都科学様との新連携事業計画の概要

コア企業 株式会社京都科学
連携企業 株式会社ステークホルダーコム
事業名称 患者シミュレータを基盤とした医療分野のシミュレーション教育支援サービスの事業化
事業概要 本事業は、医師、看護師、介護師等の医療従事者及びそれらを目指す学習者に対して、医療のスキルの修得・改善を支援するために、患者シミュレータの付加価値を飛躍的に向上させる。
患者シミュレータに搭載できる患者設定(シナリオ)やARを活用した指導コンテンツのWeb販売とユーザ間での共有、患者シミュレータと連動する自己学習支援システム、シミュレータのメンテナンス・試験実施支援を行う。

近畿経済産業局WEBサイト掲載ページはこちら
近畿経済産業局認定事業計画一覧はこちら
近畿経済産業局認定事業計画概要はこちら

年末年始休暇のお知らせ

平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社では下記日程を年末年始休暇とさせて頂きます。

2017年12月30日(土)〜2018年1月4日(木)

期間中お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。
尚、期間中のお問い合わせにつきましては、2018年1月5日(金)以降にご対応させて頂きます。
今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

採用情報「アプリエンジニア/WEBエンジニア」募集開始

採用情報「アプリエンジニア/WEBエンジニア」募集を開始しました。

募集詳細はこちら

紀陽銀行様「平成28年度 紀陽イノベーション サポートプログラム」に 採択いただきました。


この度、紀陽銀行様より、研究開発支援制度「平成28年度紀陽イノベーションサポートプログラム」に採択いただきました。
同支援制度は、大学や研究機関など産学共同研究を行い、かつ「革新性」「実現可能性」に優れた研究開発テーマを持つ企業に対して、有識者の皆様の厳正な審査を経て助成されるものです。
今後弊社は、紀陽銀行様よりさまざまなサポートを賜る予定です。
■採択概要■
採択企業(所在地):株式会社ステークホルダーコム(大阪府 大阪市)
研究開発テーマ :「文書画像認識技術を利用したAR(拡張現実)エンジンの開発」
共同研究機関:大阪府立大学
弊社では、大阪府立大学 知能メディア処理研究室 様で研究されている文書画像認識技術を利用した、書籍など紙媒体をデジタルメディアと連動させる「AR-Sentence」サービスを開始しております。
今後は、紀陽銀行様や大阪府立大学様をはじめとした、ステークホルダーの皆様のご支援を賜りながら、本サービス振興に邁進いたします。
紀陽銀行様WEBサイト
プレスリリース
地方創生 新事業・研究開発支援事業
「平成28年度『紀陽イノベーションサポートプログラム』」の採択企業を決定
~5社に対し事業化に向けた長期支援を実施します~

紙媒体デジタルメディア化 クラウドサービス「AR-Sentence」サービス開始

特設サイトを開設しました。
「AR-Sentence」特設サイトはこちら
新興出版社啓林館様・大阪府立大学様と弊社による共同プレス発表